いまでもカレー?

Gift

昨日、スーパーへ買い物に行ったら、お母さんに連れられた5.6歳の男の子が

「お母さん、今日カレー?」と嬉しそうに聞いていました。私の頃、カレーは最強メニューでしたが今でも?と、少し驚きました。

今は、カレーの他にも美味しいものが一杯あるのに、やっぱりカレーなんでしょうか?

 

誤字

homeイラストに手書きで文字を入れることが多いので、誤字には大変気を使っているつもりですが、たまに間違えて編集の方に御注意を頂きます。

私自身のことではないのですが、たまたま見つけた誤字で気持ちが、フッと、なごんだのが

「福沢輪吉」 と 「純枠ハチミツ」です。

焦燥と老い

tamagoATMのタッチパネルで操作中に、いくら指でタッチしても画面が反応しない時があります。
焦る気持ちと同時に「年とったから、体から水分が減ってしまって皮膚が乾燥しているんだなぁ〜」と、思います。

カレーライス違和感。

odekake別に自分で勝手に作るカレーライスなので、具に何を入れても自由な筈ですが…。

人間というのは、それが出来ないものです。

玉葱、人参、ジャガイモにシラタキをプラスしても、家族がちょっと嫌な表情を浮かべるぐらいで、それほど大きな冒険ではない筈です。

それは、決して失敗ではなく、試行錯誤の一環であり明日への希望なのです。
そうやって、人はカレーライスには、シラタキはあまり相性が良くない事を学びます。

ウズラの法則

kabochaウズラの生卵は、スーパーで10個入りパックが100円ぐらいで売ってます。

それが何回かに一度、一個か二個、殻にひびが入っていたり殻をむく途中でボロボロにしてしまったりします。

ウズラの卵10個の予定で、献立を考えているので、2個減ったりすると大幅なプランの見直しを迫られます。かといって、生卵2パックでは多すぎます。

こういう局面は、日常でも、よくある事です。