公園の陽だまりのベンチで・・・1

愛犬と公園を散歩していて5年程経ったころでしょうか。

「公園には、何かいろんな鳥がいる」と気づきました。

それまでは、5年も散歩しているのに「公園にいる野鳥と言えばスズメ、カラス、鳩」ぐらいに思っていました。

例えとしては恐れ多いのですが「中島みゆき様の永遠のうそ」の歌詞に「人は望む答えを、たずねつづける」と
ありました。視覚もそのようです。

公園で遊ぶ保育園の子供達のすぐ側にはムクドリが地面をつついています。
今の時期には、渡り鳥のツグミも一緒にいます。

でも、望んでいない情報は脳で、ふるいにかけられてしまうそうです。
つまり記憶に残らないのです。

問題なのは、視覚情報だけとは限らないことです。

思いを伝えることの、難しさです。

分って欲しい気持ちの伝わらない、難しさです。