「どうして、おじいちゃんは

お父さんやお母さん、お婆ちゃんの

言うこときけないの?」

「きいてられるほど、残ってないんじゃ」

「ふ〜ん…….憎まれっ子、世にはばかりったい…..てことね」