「オッチャン、何でもあるんだな」

「ああ、あとは本人しだいよ」