矢寿ひろお イラストブログ ↗

Page 3 of 31

がんこ

「どうして、おじいちゃんは

お父さんやお母さん、お婆ちゃんの

言うこときけないの?」

「きいてられるほど、残ってないんじゃ」

「ふ〜ん…….憎まれっ子、世にはばかりったい…..てことね」

ジャージ…二組

ウチに居るときはジャージで過します….ヤッパリ楽だし。

上下グレーのAと、上がオレンジ、下がブルーの、何かサーファーをイメージしたっぽいデザインのBです。

数年前、商店街の雑貨屋の店頭にぶら下がっていたのを買いました。

冬場は、この二組だけで数年過してます。

イラストで描く、特に女性の髪型と着るものには、とても悩むので

自分のことは、ほったらかしが楽で気にいってます。

紺屋の白袴って言うやつです。

ある日………、ふと気づいたらいつの間にか、上がAで下はBをはいていました。

ジャージは二組しかないので、今日、上がAで下もAなら、明日は必ず上がBで下も

Bになるはずなのに? です、

いつ、何でこうなってしまったのか?

全然、覚えがないのです。

2メートル幅の朝陽

連休3日目、こちらは天気がいいです。

ウチはマンションの一階です。東側に大きなマンションが二つあるので
朝陽は、その隙間2メートル幅ぐらいの範囲で小さな庭に差し込みます。

朝陽を浴びたいときは、そこへいきます。

今日は、「春告げ朝陽」です。

 

公園の陽だまりのベンチで・・・1

愛犬と公園を散歩していて5年程経ったころでしょうか。

「公園には、何かいろんな鳥がいる」と気づきました。

それまでは、5年も散歩しているのに「公園にいる野鳥と言えばスズメ、カラス、鳩」ぐらいに思っていました。

例えとしては恐れ多いのですが「中島みゆき様の永遠のうそ」の歌詞に「人は望む答えを、たずねつづける」と
ありました。視覚もそのようです。

公園で遊ぶ保育園の子供達のすぐ側にはムクドリが地面をつついています。
今の時期には、渡り鳥のツグミも一緒にいます。

でも、望んでいない情報は脳で、ふるいにかけられてしまうそうです。
つまり記憶に残らないのです。

問題なのは、視覚情報だけとは限らないことです。

思いを伝えることの、難しさです。

分って欲しい気持ちの伝わらない、難しさです。

照り焼きバーガー

たま〜にマ○ドナルドの照り焼きバーガーが、どうしても食べたくなります
審美眼的に言って、あの味が上手いのかどうか・・・私には分りません。

包装紙にくるまれた「あれ」を両手で持ち上げた瞬間、バンズを通して指先に伝わってくる
ハンバーグから発せられる柔らかい熱。
包装紙を開いた時に指先に付くソース。
不機嫌そうなバンズと飾り気のない見た目。

でも、それが食べたいときが、どうしてもあります

ちょっと疲れていたり、気持ちがグズグズしている気分のときは
そういうものを、欲しがっている気がします。

 

ドングリ

猫の額ほどの小さな庭に、ドングリの樹が一本自生いています。

それほど大きくはないのですが、春先から枝を伸ばし葉をつけているので
この時期には、それなりに繁ります。

このまま放っておくと、もう少し寒い時期になると枯葉が北風に舞って
ご近所迷惑になってしまします。

なので、枝を切り、葉を燃えるゴミにします。

毎年、続けていることなのですが・・・

ギックリ腰になってしまいました。

« Older posts Newer posts »

Copyright © 2018 矢寿ひろお イラストブログ ↗

Theme by Anders NorenUp ↑